40代の魅力を知り尽くしているからこそ欲しがっている風俗のお仕事とは?

考え方ひとつで変わる40代の風俗のお仕事について

オナニークラブで40代が重宝されるわけ

「オナニークラブ」とは、簡単に言うと「お客様の自慰行為(オナニー)を鑑賞すること」。あくまでも(お客様の自慰行為を見るのが仕事)ですから、基本は「脱がなくてもよく・舐めなくてもよく・触られることがない」という、いわゆる「ナイナイづくし」の多さが特徴です。

ここまで書くと、「なんでこんなことが(40代だからこそ)の風俗の仕事になるの!?」とつっこみが入りそうですが、その訳を今から説明します。

オナニークラブは確かに、お客様の自慰行為を見ることが仕事にはなります。ただその自慰行為に至るまでの「雰囲気の流れ」がありますよね?

そのときにその場の空気を読み取り、お客様が気持ちよくオナニーをする雰囲気が作るには、やはりある程度の経験が必要です。

これは20代や30代の女性には難しいことのようです。そこで求められるのが、さまざまな経験や場数を踏んできている40代というわけです。

SMクラブで40代が輝ける理由とは?

SMクラブとは「(S=サディズム)と(M=マゾヒズム)の性癖を楽しむ」お店のこと。その内容は大きく分けて二つになります。
それは女性が女王様になってお客様を責めるプレイをするお店と、女性がお客様に責められるプレイをする店舗です。

SMクラブは特に、若い女性よりも40代の女性の方が歓迎される傾向にあります。なぜならばSM行為自体、「熟練した技」がなければできない性行為だから。

性体験は通常、40代より20代の方が少ないはずです。おそらく少ない性体験の中で、SM行為を好む傾向にある人と付き合う可能性は低いと思います。

しかし40代となると20代に比べれば、性体験が豊富に。ですから、SM行為を好む人と付き合う、あるいはそういう性癖の人と何度か体の関係を持った経験がある可能性は確率的に高いはずです。

ですから「こんな恥ずかしい姿を見られて興奮しているなんて」みたいなセリフも自然にさらりと言えるわけです。